元気です

えりが向けば、蒼くんはあっち
えりが向けば、蒼くんはあっち posted by (C)

エリースと我が家に優しいメッセージやコメントなどありがとうございました。
毎日 見えないけれどエリースと一緒にいる様な感じで過ごしています。
散歩もご飯の時も一緒に居る感じです。
エリに話しかける時 「今日も可愛いね~」「いい子で留守番してたね~」と私もぴよぴよも笑顔で話しかけています。
エリがいなくなってもエリを感じることが出来るので温かい気持ちでいれます。


IMG_7070
IMG_7070 posted by (C)


エルザは自分のご飯の前に、エリに挨拶をしてからでないと食べられないことをもう理解しています。
挨拶が終わったら 一目散にキッチンの方へ行き「次はわたし~」とご飯の準備を待っています。

蒼太郎はしばらく不安定な感じでしたが 少しずつ表情も元に戻って来ています。
蒼くん、淋しくても遠吠えしても、きゅんきゅん鳴いても ご飯だけはいつも通りガツガツ食べているから心配ないと思います。


エルザのお友達飼い主さんは、知って頂いた時はエリが既に盲目になっていたので 
動きもゆっくりで、大人しい印象をお持ちの方が多いみたいです。
でも見えていた頃のエリは「ヨークシャーテリア」らしく敏捷な動きで ちょこちょこ忙しく動き回り、快活で明るい子でした。
同じ愛玩犬でもマルチーズの動きとは全然違います。
お友達のリリィちゃんの家では エリースはいつも活発でした。
うちにいる時と全然違う子になってました。

人が好きで 他のわんちゃんも好きで
テンション上がりっぱなしで可愛かったな~


9月になりました
我が家もまた頑張ります♪


おまけのエルザ
[PR]
# by elisouelsa | 2016-09-02 03:29 | Comments(2)
1
1 posted by (C)

14日朝 エリースがお星さまになりました
前日13日には 私と蒼太郎&エルザとエリで芝生のフィールドに出かけてエリも自由に散策し 
ちょこまか楽しそうに草の匂い、風の匂いを感じていました

その日の夜はご飯も普通に食べていました
次の日の朝 突然大きな声で2回鳴いて私を呼びました
そしてそのまま私の腕の中で「スッと」眠るようにして息を引き取りました
まるで「わたし迷惑かけないもん」と言うかのように 
あっという間の出来事でした

1
1 posted by (C)


フレンドリーなエリは 目が見えていた頃はお友達とも仲良く出来ました
まりあちゃん リリィちゃん 葵ちゃんファミリー、ご近所のりんママさんファミリー
マルチーズのお友達やブログで知り合ったお友達・・・
そしてそれぞれの飼い主さん達にも本当に可愛がって頂きました
最後のお泊り体験はパピちゃんのおうちでした

2
2 posted by (C)





弟妹も出来ました
2
2 posted by (C)

お世話になった獣医師から慰めも含めてかもしれませんが
「大往生ですよ。エリちゃんの亡くなり方は老衰のような感じです。偉かったですよ」
と褒めて頂きました。
誇り高いエリらしい逝き方だったと思います


闘病生活は9か月で、辛そうな時期もありましたが それはほんの少しで
点滴治療が始まってご飯も沢山食べさせるようにしてからは
ご機嫌な毎日でした
なので私達も楽しく療養生活を頑張れたと思います

皆さま、可愛がって下さってありがとうございます
私もエリには感謝の気持ちしかありません
本当に愛らしくて周りを幸せに出来る素敵なわんちゃんでした


蒼太郎とエルザが元気なくなったのでエリの好きな公園に行って沢山走って来ましたimage1
image1 posted by (C)image1
image1 posted by (C)2
2 posted by (C)


エリも一緒に走ってくれたと思います
「エリちゃん ありがとう」
[PR]
# by elisouelsa | 2016-08-20 23:20 | Comments(30)

14歳になれました!

こんにちは

昨年秋より闘病生活が続いているヨーキーのエリースが
25日に誕生日を迎えることが出来て14歳になりました016.gif



写真は思い出版です

6歳半までひとりっこだったエリちゃん053.gif
いつもご機嫌で、頑固で人懐っこくて 新しいわんちゃんにも友好的でした。
それは14歳になっても変わりません。
2
2 posted by (C)


エルザが来るまでは 小型犬2頭・・・2頭で4キロと言うおままごとが出来そうなわんこライフでした
2
2 posted by (C)

3
3 posted by (C)


1
1 posted by (C)


初めてのお友達ともニコニコ
4
4 posted by (C)


ドックランでは 他のわんちゃんの飼い主さんひとりひとりにご挨拶して愛嬌振りまいてました。
見張っていないと何処にいるのかわからなくなるくらい嬉々としてました。




この頃は3割くらいは見えていた時です
1
1 posted by (C)


エルザを迎える頃・・・もう目は見えなくなっていましたが いつもご機嫌は変わらず
5
5 posted by (C)



病気が分かった時はかなり進行していたので 14歳になれるか心配でした。
腎臓と胆嚢とどど~んと発病したので 年末はこのままの状態から脱しなければ持って2か月くらい・・・だったそうです。でもエリも頑張ってご飯を食べてくれていたので体重も増え 1キロまで減少した体重が1.5キロの昔の体重まで戻りました。

点滴生活はぴよぴよと協力して2日に1度くらいのペースで続いてます。
ご褒美の「きゅうり」もお蔭さまで056.gifエリの菜園056.gifが豊作で(笑) 採れたてをあげてます。

本当は甘くて美味しいケーキでお祝したかったけど 
身体が心配なので 獣医さんと相談して「薩摩芋」「りんご」「赤身のお肉」を食べさせました。


今まで腎臓の療法食もぱくぱく、手作りペーストもぱくぱく食べてましたが
最近は療法食がお気に召さないようで・・・選り好みするようになりました。
また新たな作戦を考えなくてはいけませんなあ~

なので 細かく砕いた療法食と色々な食材を入れて誤魔化して混ぜてあげるのですが
見事に療法食はお碗からつまみ出して 「散らし食べ」してます015.gif
1
1 posted by (C)

エルザの「散らし飲み」と同じでワイルドです

そして蒼太郎がうちの子になってからずっと変わらぬ行動
見守っているのか 狙っているのか・・・(笑)
image1
image1 posted by (C)


療養生活も楽しく ごくごく普通に日常化しております
15歳とか 16歳とか そういう目標は立てないで、まずはこの夏を元気で過ごせたら良いな~
それが出来たら 秋も楽しく♪・・・と自然体で行きたいと思います。


おまけ
本日全く出番がなかったエルザさん
寝落ち寸前
3
3 posted by (C)


のんびり頑張ります
6
6 posted by (C)
[PR]
# by elisouelsa | 2016-07-26 18:07 | Comments(16)

パピちゃんとの日々

エルザと体当たりで遊べる 稀な(笑)、いえ貴重なお友達のパピヨンのパピちゃんが
1週間うちの子になってました


お預かり&お泊りも慣れたもので ママを恋しがることなく元気に過ごしてくれたパピちゃん
うちの子同様 お昼寝中のわたくしのお腹にのり 寛ぐパピちゃん
image1
image1 posted by (C)


流石にもうすぐ5歳なので 一日中プロレスしているわけではありませんが・・・
気が付けば プロレス三昧の日々

2
2 posted by (C)


image1
image1 posted by (C)


プロレスの時 お互い大きな口を開けて甘噛みし合うので
べとべとでございます005.gif


8割がた エルザが遊びのお誘い致します



そしてこうなる・・・



これでもずいぶん落ち着いて来たのですよ


自由犬のパピちゃんも 今回は撮影の協力を沢山してくれました~
1
1 posted by (C)


3
3 posted by (C)


ソファーに載っている アヒルのひよこのお尻・・・
パピちゃんは、アヒルが顔を向けていると 威嚇しておりました(笑)
エルザ達も 初めの頃は吠えて怖がってました

このアヒルさん 〇〇年前のイースターの時に買った縫いぐるみ
最近 物置から出して我が家のアイドルに君臨しつつあります



おまけ
2年ちょっと前のパピちゃんとエルザ




パピちゃん またうちの子になってね~♪
エルザの子守もありがとう~♪
[PR]
# by elisouelsa | 2016-07-17 17:59 | Comments(2)

えらいこっちゃの菜園

4月末に 闘病生活を頑張っているエリの為に作った小さな菜園

植え付け時
image1
image1 posted by (C)


自宅で点滴治療をしているのですが ヨーキーは小刻みに動き、針を刺すのも大変なので
「胡瓜」を与えて毎回を乗り越えております。


ひと月経った5月末
5
5 posted by (C)

この頃 既に「茄子」は収獲出来ておりました



6月末くらいから エライことになり・・・
ミニトマトと胡瓜が天を目指し始めて 仕方なく横に誘引しております

1
1 posted by (C)

3
3 posted by (C)

風通し悪いので 摘花ならぬ 摘葉をして、うどんこ病防止に努めます
農薬は使わないので 胡瓜には「毛虫さん」もおります←毛虫さんについては薔薇で慣れてますので大丈夫。見つけても叫びません&躊躇うことなく昇天して頂きます



植え初めは 家族からは
「薔薇の方が良かったんじゃないの?」
「野菜じゃ見た目もしょぼい・・・」など色々言われましたが

今では1階の部屋は目隠しも出来て、緑も豊かでそれなりの景観になりました

それにしてもミニトマト・・・茂り過ぎて奥の方は届かない009.gif
胡瓜は葉の色と同じだから同化して見つけづらい013.gif


薔薇のパーゴラにも誘引したので優雅に葡萄のようにぶら下がってる子は程よい大きさの時に収獲出来ます
image1
image1 posted by (C)


こんなに大きくなったのは おそらく「土」が良かったからだと推測
薔薇を抜いた時に 土を全て入れ替えました。そして米糠を大量に混ぜて発酵させ 二か月くらい寝かせておりました。


image1
image1 posted by (C)

少し酸味はありますが 味は濃厚


胡瓜は・・・見つけるのが大変なので 程よいサイズを見逃すと時々ジャイアント胡瓜や お化け胡瓜も収獲することに・・・

蒼太郎の胴体より長い胡瓜も採れます005.gif
蒼たんは ウリ科の食べ物は嫌いなので 切った胡瓜の匂いを嗅ぐと尻尾垂らして逃げます037.gif
image1
image1 posted by (C)


大きいのは味もボケているので 酢漬けにしてますが
たけのこ両親に貰って頂いても 消費が追い付かず 毎食毎食胡瓜を食べており
そしてエリには 普通サイズの美味しい胡瓜を少量食べさせてます

ちなみに 腎臓病の子はあまり量を摂取しない方がよろしいようです。少量なら大丈夫です。



そしてエルザさんは・・・
胡瓜も大好きですが この方も食べたいくらいお好きだそうです
1
1 posted by (C)


続く
[PR]
# by elisouelsa | 2016-07-17 03:42

小さな庭の薔薇と3頭のわんこの日常


by elisouelsa